愛猫との日々・手作り猫雑貨の紹介など
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2Wayカード立て
2011年10月17日 (月) | 編集 |
2Way・・・一応
片側はわりと直角に、もう片側は斜めにカードを置けるように・・・と
角度をつけてあるんだけど・・・その違いは微妙かも

前回作は 片方からしかニャンコが見えなかったので、少し改良
009_20111018180400.jpg
猫をつける位置を端っこに寄せてみました
左側の・・・です

010_20111018180400.jpg
これならどちら向きにカードを立ててもニャンコが見えます
引き続き、陶器猫シリーズ
001_20111018180401.jpg
キャットタワー花入れ。猫の位置はこれで固定

花器を作る時、お水が漏れないようにするには・・・
もう一度tourienさんにご指導をお願いしたい・・・
完全に乾いてしまっているので、今さら遅いかもですが
土をよ~くこねて、空気を抜いてパンパンって叩いて・・
えっと・・あと
他に何か注意して、やるべきことを私は忘れてないでしょうか^^;

壺?瓶?ま、そのような器に
これまた無理無理にゃんこを張り付けて
005_20111018180401.jpg
真中と右のコは、張り付けてるだけじゃないんです
この写真じゃ~わからない^_^;
上手に焼けたら、またアップしたいと思います
コメント
この記事へのコメント
カード立てのネコさん、後ろ姿もすてき(´∀`*)ウフフ

陶芸って、やった事ないのですが、水が漏れちゃう作品が出来ちゃったりする事もあるのですね~?

なんか、ろくろでグイィィ~ンって、そんなイメージしかないのですが(^^ゞ空気が入ると穴があいてしまうのかしら?

壺形?の真ん中の作品、ネコさんが風呂に浸かってるみたいでカワイイ(笑)
2011/10/19(水) 15:24:21 | URL | ゆきおや #-[ 編集]
こんにちは^^
2Wayカード立ても
角度を変えることができるので
面白しろかですね^^

それとやはりキャットタワー花入れ
ディスプレーする時に
可愛い造花を入れて花入れとして
ニャンの鉛筆キャップをつけて筆立てとして
想像しただけでも可愛いですねーーっ!!!(^_^)v
2011/10/19(水) 15:35:59 | URL | 薄雪草 #-[ 編集]
こんばんは!

釉薬物と焼き締めの備前焼では、作り方が違うと思いますが、
備前焼の事しか分かりませんので、
備前焼で作られているとしますね!(^^)

見ると、胴部は紐作りで、底部は、粘土を丸く叩いた物を接着されていますね?
で、気になるのは、胴部・・・外側は、綺麗に紐を接着されて紐で作られているのが、
分からないのに、内側は、紐がはっきり見えますので、キチンと接着されていないようです。
でも、これも、中に釉薬が入って隙間を埋めてくれるのなら、OKになります。
後、胴部と底部を接着される時は、両方共、少し乾いて接着されると思いますが、
その時、直接ではなく、少し柔らかい粘土を細い紐にした物を、間に入れ接着させ、
はみ出た粘土は、胴部、底部に付けて、間に粘土が、入っているのが分からないくらい綺麗に接着させます。
で、まだ心配だったら、細い紐を、胴部、底部の際に付けて、なじませます。
後、底がどーなって、いるのか分かりませんが、
安定させる為、真ん中辺りに、小さな円を少しで良いので、彫ります。
(↑の大きさが分かりませんが、例えば1円玉くらいの円で、2mmくらいでしょうか?
色々試してくださいませ、因みに円を大きくすると、安定しなくなりますので、ご注意を・・・!)
後は、丁寧に作られていると思いますよ!(^^)
2011/10/19(水) 23:04:46 | URL | tourien #-[ 編集]
ゆきおやさんへ
> なんか、ろくろでグイィィ~ンって

私もそれは未体験!
粘土遊びのように、ひたすら手でコネコネして作ってます
もちろんプロが作った方のなら、水漏れなんてことはないでしょうが
お楽しみで作ってる私ならあり得る失敗(^^ゞ

>ネコさんが風呂に浸かってるみたいでカワイイ(笑)

風呂で極楽~って感じでしょうか
左のコは、肩が落ちてて疲れたオッチャン風?(笑)
2011/10/20(木) 18:52:59 | URL | chikupuku #-[ 編集]
薄雪草さんへ
> ニャンの鉛筆キャップをつけて筆立てとして
> 想像しただけでも可愛いですねーーっ!!!(^_^)v

にゃんこペン立てに、にゃんこキャップ!
どれだけ猫が好きなんだ~って言われそうヾ(~∇~;)
一輪挿しで使用するには。水漏が心配になったので
焼き上がったら、一度テストしてみなくちゃ~と思います
2011/10/20(木) 18:56:29 | URL | chikupuku #-[ 編集]
tourienさんへ
> 丁寧な説明、本当にありがとうございます
> この写真↑で、どんな風に作ったかまでもわかってしまうんですね!
>
> > その時、直接ではなく、少し柔らかい粘土を細い紐にした物を、間に入れ接着させ
>
> ぅ・・直接つけてました
> 一応、表面的には密着してるように馴染ませたつもりですが
> 内側が心配ですね。
> こうなったら釉薬に頑張ってもらいます!
>
> > 安定させる為、真ん中辺りに、小さな円を少しで良いので、彫ります。
>
> なるほど・・。今まで底は平らにするか高台をつけるか・・でした。
> 安定させる、そんな方法があったんですね
> 次は、上記の注意点、気をつけて作ってみます
> ありがとうございました<(_ _)>
2011/10/21(金) 10:33:11 | URL | chikupuku #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。